貧血予防や妊娠対策に葉酸入りサプリメントでエネルギー補給

葉酸というビタミンの特長について

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種です

妊娠している女性にとって欠かせないものが葉酸となっています。
しかしその言葉を聞いたことがあるものの、実際にはどのような特長があるのか知らない人がたくさんいます。
これは水溶性ビタミンB郡の一種となっています。

葉酸の機能と役割

ワッフルとブレックファースト働きとしては代謝に深く関わっており、タンパク質や核酸の合成に働きかけて、細胞の生産や再生を助けるという働きをしています。
すなわち体の発育を促してくれるようになっています。
細胞が新しく作られるときには必要な栄養素ということで、とくに妊娠中の女性には欠かせないものとなっています。
このほかの働きとしては、赤血球の生産を助けるという造血も行っています。
拡散は遺伝情報に大きく関わっているもので、遺伝情報の通りに体を作るという指令を出す部分です。
したがって赤ちゃんの新しい細胞を作るという妊娠初期や授乳期のお母さんにとっては非常に重要な栄養素となっています。
それを広めるために2002年からは母子手帳にも記述が記載されるようになっています。

参考:葉酸サプリメント口コミランキング

葉酸の歴史と不足したときの危険性

葉酸はほうれん草の葉の中から発見された栄養素です。
最近では研究が進められ、動脈硬化の危険因子を逆にコレステロールを下げるアミノ酸に返還する作用があることが分かっています。
この栄養素が不足してしまうと、赤ちゃんの細胞分裂が盛んに行われている妊娠初期では、先天性の疾患を発症するリスクが高くなります。
また授乳期にも注意が必要です。
この時期に不足してしまうと、赤ちゃんの発育に遅れが見られることもあります。
あまりにも過剰摂取をしてしまうと悪影響となりますが、水溶性ビタミンと言うことで過剰分は尿の中に排出されてしまいます。
たくさん摂取しすぎるのではないかと心配せず、あまり神経質にならないようにします。

新しい葉酸情報